【初心者向け】楽天カードのお得な使い道6選

楽天経済圏
スポンサーリンク
  • 楽天カードの特徴は?
  • 楽天カードのお得な使い道は?
  • 楽天カードにデメリットはないの?

楽天カードは、楽天経済圏経済圏で必須のアイテムです。

今回は、

楽天カードの

  • 基本情報
  • メリット(お得な使い道)
  • デメリット

についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

はじめに

今回の記事は、

⇒【初心者向け】楽天経済圏の始め方をSTEPごとに徹底解説!

⇒【初心者向け】楽天経済圏を攻略するアイテム8選 

の一部です。

上記の記事も一緒に読んでいただけると、「楽天経済圏」をより理解しやすくなります。

今回の記事はこちら

スポンサーリンク

基本情報

今回は、何種類かある楽天カードの中から、年会費無料で初心者の方も作りやすい「楽天カード」を紹介します。

CMでよく見る「楽天カード」の特徴

  • 年会費永年無料
  • 利用額1%のポイントが貯まる
  • 新規入会ポイント最大8,000ポイント

「楽天カード」は、新規入会&利用キャンペーンで、大量の楽天ポイント獲得できます。

新規入会キャンペーン

  • 通常→5,000ポイント
  • キャンペーン→最大8,000ポイント

「今なら7,000ポイントもらえる」という楽天カードのCMが流れているときは、キャンペーンの期間です。

入会特典を少しでも多く獲得したい方は、このキャンペーンの時期を狙いましょう。

妻(楽天)
妻(楽天)

楽天カードは年会費無料なので、安心です。

\新規入会&利用で7,000ポイント(〜10/18 10:00)/

楽天カード新規入会キャンペーン

スポンサーリンク

お得な使い道(メリット)

ここからは、「楽天カード」作成後の6つのお得な使い道を「初級・中級・上級」に分けて解説します。

初級

楽天市場でお得

楽天市場では、 「楽天カード払い」限定でポイント還元がアップするものがあります。

▼楽天カード払い限定


SPU

SPU

5と0のつく日
+2倍+1倍+2倍

上記のポイントアップは、「ポイント払い」では適応されないので注意しましょう。

妻(楽天)
妻(楽天)

楽天市場では、できるだけ「楽天カード払い」を選ぶようにしましょう。

⇒「楽天銀行」がお得過ぎ!楽天銀行への無料送金技とメリット3選

楽天ペイ

楽天ペイは、「楽天カード」と連携すると便利でお得です。

「楽天ペイ」×「楽天カード」

  • アプリ内で楽天カード払い可
  • 楽天キャッシュへのチャージでポイント付与(0.5%)

楽天ペイでは、

  • 楽天ペイ支払い時(どの支払でも)に1.0%のポイント
  • 楽天カードから楽天キャッシュへのチャージで0.5%のポイント

が付与されます。

楽天カードでチャージをした、「楽天キャッシュ」を利用すると、計1.5%のポイントが付与されることになります。

妻(楽天)
妻(楽天)

楽天ペイが利用できる店舗では、楽天カード(1.0%)よりも、チャージした楽天キャッシュ(1.5%)を利用しましょう。

⇒ 楽天ペイ支払元の優先順位を解説!最優先は期間限定ポイント!

\新規入会&利用で7,000ポイント(〜10/18 10:00)/

楽天カード新規入会キャンペーン

ラクマ

ラクマでの買い物は

が特にお得です。

▼ラクマ「楽天カード決済」(週末キャンペーン)

購入点数ポイント倍率
1点5倍
2点7倍
3点以上10倍

ラクマで気になる商品がある場合は、週末に購入するとよいでしょう。

妻(楽天)
妻(楽天)

「ラクマ」の週末キャンペーンは、エントリーが必要です。お忘れなく!

⇒ ラクマで売れやすい期間とは?他サイト比較と特徴を解説! 

中級

楽天ポイント

楽天ポイントには

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

の2つがあります。

それぞれのポイントで効率のよい使い方が異なります。

ここでは、「楽天カード」に関連する、通常ポイントのお得な使い道を解説します。

楽天通常ポイントは

  • 毎月の楽天カードの支払いに、1ポイント=1円として充てることができます。
 ⇒ 
手続き方法 楽天e-NAVI から
手続き期間 毎月12日~最長24日
最低利用ポイント 50ポイント~

手続き期間中に、楽天カードの支払いに使用するポイント数を入力すると、手続きは完了です。

この方法により、口座引き落とし予定だった現金が余り、通常ポイントを間接的に現金化することが可能です。

⇒ 楽天通常ポイントの効率利用!現金化とSPUアップの2つだけ!

妻(楽天)
妻(楽天)

ポイント利用設定は、利用月に毎回手動での設定が必要です。

街での買い物(ポイント還元2%)

  1. 楽天市場で楽天カード利用(2万円以上)
  2. 街で楽天カード利用

上記の条件を満たした月は、街での「楽天カード」利用分のポイントが2倍になるキャンペーン(特典上限1,000ポイント)があります。

これは、楽天市場のキャンペーン画面よりエントリーできます。

楽天市場でたくさん買い物をする月は、街での買い物にも「楽天カード」を利用するとよいでしょう。

妻(楽天)
妻(楽天)

このキャンペーンは、街での楽天ペイ(楽天カード払い設定)も、ポイント2倍の対象です。

\新規入会&利用で7,000ポイント(〜10/18 10:00)/

楽天カード新規入会キャンペーン

上級

楽天証券(積立投資信託)

※投資は自己判断でお願いします。)

楽天証券では、楽天カード決済での投資信託が可能です。

積立投資信託(カード決済)の特徴

  1. 毎月1日(前月12日までの申込み分)に買付の積立投資信託
  2. 楽天カード決済で5万円/月まで可能
  3. カード決済分の通常ポイント(500ポイントまで)を獲得

上記の条件で毎月、積立投資信託を購入すると、年間6,000ポイント獲得でき、大変お得です。

妻(楽天)
妻(楽天)

1度積立投資信託の設定を行うと、それ以降は自動で積立されます。

⇒ 楽天証券で投資信託!「楽天ポイント」×「楽天カード」の組み合わせ技がお得!

\新規入会&利用で7,000ポイント(〜10/18 10:00)/

楽天カード新規入会キャンペーン

デメリット

楽天カード利用で、「楽天ポイント」を獲得できる場面はたくさんあります。

ですが、そのポイントは期間限定ポイントであることが多いです。

楽天カード利用の唯一のデメリットは、期間限定ポイントの使い道です。

期間限定ポイントは有効期限があるので、期限とポイント数を確認し、ポイントを失効してしまわないよう、注意しましょう。

⇒ もう悩まない!楽天「期間限定ポイント」の使い道3選

まとめ

楽天カードは

  • 楽天経済圏をはじめる必須アイテム

です。

楽天経済圏の始めようと考えている方は、まず「楽天カード」を作りましょう。

そして、

  • 初級→楽天市場、楽天ペイ、ラクマ
  • 中級→楽天ポイント(通常・期間限定)、街での買い物
  • 上級→積立投資信託

を参考に、自分ができそうな「楽天カード」の使い道から少しずつはじめるとよいでしょう。

\新規入会&利用で7,000ポイント(〜10/18 10:00)/

楽天カード新規入会キャンペーン

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました