【初心者向け】楽天ペイ支払元の優先順位を解説!最優先は期間限定ポイント!

楽天経済圏
スポンサーリンク
  • 楽天ペイの機能がたくさんありすぎて、どう設定したらいいの?
  • 楽天ペイのお得な使い方がよくわからない

「楽天ペイ」は、楽天経済圏を上手く活用するために、とても重要なツールです。

楽天経済圏とは
さまざまな楽天サービスを組み合わせることで、多くのお得を生み出す仕組みのことです。
楽天市場で楽天ポイントをたくさん貯め、そのポイントを日常生活の中で効率よく使いこなすことが重要です。

獲得した期間限定ポイントを効率よく使いこなすためには、楽天ペイを利用するのがおすすめです。

今回は、

楽天ペイの支払元

  1. 期間限定ポイント
  2. 楽天キャッシュ
  3. 楽天カード

の優先順位

について解説します。

この記事でわかること

・「楽天ペイ」支払元の設定方法

・支払元設定の優先順位の考え方

スポンサーリンク

はじめに

この記事は、

⇒【初心者向け】楽天経済圏の始め方をSTEPごとに徹底解説!

⇒【初心者向け】楽天経済圏を攻略するアイテム8選 

の一部です。

上記の記事も一緒に読んでいただけると、「楽天経済圏」をより理解しやすくなります。

今回の記事はこちら

スポンサーリンク

楽天ペイの支払い元

楽天ペイを利用する際の支払い元には、以下の4つがあります。

楽天ペイの支払元

  1. 楽天カード
  2. 楽天キャッシュ(ラクマ・クレカチャージ)
  3. 楽天ポイント(通常・期間限定)
  4. 楽天銀行口座払い

楽天ペイの支払元の設定は、

支払元
・楽天カード
・楽天銀行口座
・楽天キャッシュ の中から1つ選択
ポイント利用設定
・使うポイント数の設定
・「ポイント」or「キャッシュ」優先を選択

により支払い元を選択できます。

妻(楽天)
妻(楽天)

支払元がたくさん選べるのはうれしいけど、結局どう設定したらいいんだろう。

スポンサーリンク

楽天ペイでの利用優先順位

楽天ペイは、いろいろな支払元を手動で設定し、利用します。

楽天ペイ利用によるポイントの獲得は基本1%(キャッシュへのクレカチャージの場合は1.5%)です。

しかし、選択肢が多いと支払元を結局どこにしたらいいのか、悩んでしまいます。

その際は、現在の保有ポイント数などから優先順位を考えましょう。

私が考える、楽天ペイ支払元の優先順位は以下の通りです。

楽天ペイ支払元の優先順位

  1. 期間限定ポイント
  2. 楽天キャッシュ
  3. 楽天カード

1.楽天期間限定ポイント

楽天ペイホームページより引用

期間限定ポイントが最優先

「期間限定ポイント」が最優先の理由

  • ポイントの有効期限が短い

期間限定ポイントは、楽天市場での購入の際にキャンペーンポイントとして獲得できます。

期間限定ポイントの使い道

  1. 楽天モバイルの利用料金
  2. 楽天ペイ

の2択がおすすめです。

楽天カード払いでポイント還元がアップする、「楽天市場」での利用はおすすめできません。

⇒ もう悩まない!楽天「期間限定ポイント」の使い道3選

ですので「楽天ペイ」では、

有効期限のある「期間限定ポイント」を最優先

として利用しましょう。

「楽天ペイ」支払元の設定方法

「期間限定ポイント」のみを使う場合(通常ポイントを利用しない)

  1. 「楽天ペイアプリ」TOPの支払い元→「楽天カード」または「楽天キャッシュ」
  2. ポイント/キャッシュを使う「設定」をクリック
  3. 利用設定→一部使う
  4. 優先設定→ポイント優先
  5. ポイント/キャッシュを__まで使う→現在の「期間限定ポイント数」を記入

の設定によって、

  1. 期間限定ポイント
  2. 設定した「支払い元」(楽天カードor楽天キャッシュ)

の順で利用できます。

「ポイント/キャッシュ」をポイント数を設定せず、「すべて使う」に設定すると、

  1. 期間限定ポイント
  2. 通常ポイント
  3. キャッシュ
  4. 設定した支払い元(楽天カードなど)

の順となり、通常ポイントの利用順位が2番目になります。

「通常ポイント」を効率よく利用するためには、「楽天ペイ」での利用はおすすめしません。

⇒ 楽天通常ポイントの効率利用!現金化とSPUアップの2つだけ!

できる限り楽天ペイでは、通常ポイントを使わず「期間限定ポイント数」を設定して利用するとよいでしょう。

妻(楽天)
妻(楽天)

現在の期間限定ポイント数は、「楽天ペイアプリ」から確認できます。

2.楽天キャッシュ

楽天ペイホームページより引用
楽天キャッシュとは
チャージすることで使える、楽天のオンライン電子マネー(有効期限10年)です。

楽天キャッシュは、事前にチャージをすることで利用できます。

楽天キャッシュのおすすめチャージ方法は、以下の通りです。

「楽天キャッシュ」おすすめチャージ方法

  1. ラクマの売上金(手数料無料)
  2. 楽天カード(+0.5%還元)

⇒ ラクマで売れやすい期間とは?他サイト比較と特徴を解説! 

楽天キャッシュは有効期限が10年間であるので、急いで使う必要はありません。

なので、期間限定ポイントの次に支払い元として利用することがよいでしょう。

妻(楽天)
妻(楽天)

楽天ペイの利用可能店舗では、楽天カードチャージすることにより、チャージポイント分も含めた1.5%還元の楽天キャッシュの利用が特にお得です。

\新規入会&利用で7,000ポイント(〜10/18 10:00)/

楽天カード新規入会キャンペーン

3.楽天カード

楽天カードホームページより引用

支払元「楽天カード」の魅力

  • チャージの手間がかからない
  • 「街での楽天カード利用がポイント2倍」の場合、楽天ペイの「楽天カード払い」も対象

楽天市場で楽天カード2万円以上の利用で、街での楽天カードの利用がポイント2倍」のキャンペーン(エントリー要)は、毎月開催されています。

楽天ペイは還元率を優先して考えると、 楽天カードチャージにより1.5%還元の楽天キャッシュの利用がお得です。

「街での楽天カード利用がポイント2倍」 の対象月は、楽天ペイの「楽天カード払い」もポイント2倍となり、楽天カード払いに設定した「楽天ペイ」が最もお得な支払い方法となります。

楽天スーパーSALEの月(3月、6月、9月、12月)など、楽天市場で2万円以上の楽天カードを利用すると予測できる月は、この「街での楽天カード利用がポイント2倍キャンペーン」に忘れずにエントリーしましょう。

妻(楽天)
妻(楽天)

「街での楽天カード利用がポイント2倍」キャンペーンのポイント上限は1,000ポイントです。

街での10万円までの楽天カード払い額がポイント還元対象となります。

まとめ

楽天ペイ支払元の優先順位は、「期間限定ポイント」を最優先に考えましょう。

楽天ペイ支払元の優先順位

  1. 期間限定ポイント
  2. 楽天キャッシュ
  3. 楽天カード

また、楽天ペイの利用可能店舗では、

  • 楽天キャッシュへのチャージ
  • 街での楽天カード利用ポイントが2倍

によって、ポイント還元率1%のクレジットカードよりお得になることがあります。

楽天経済圏を上手く活用するために、積極的に「楽天ペイ」を使うことをおすすめします。

\新規入会&利用で7,000ポイント(〜10/18 10:00)/

楽天カード新規入会キャンペーン

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました