「ポイント運用」から少額投資に挑戦!2つのおすすめ「スマホ証券」

PayPay経済圏
  • ポイント運用に慣れてきたし、証券口座で実際に購入してみたいな。
  • 運用資金がまだあまりないけど、少額で始められる投資ないかな。

「PayPayポイント運用」は、利用者が500万人を超えました。

PayPayアプリ上で投資の疑似体験ができる「PayPayポイント運用」は、1円相当から投資を始めることができ、大変人気です。

私自身も、2021年11月から「PayPayポイント運用」にはまり、ドルコスト平均法を利用した投資を現在進行形で楽しんでいます。

「PayPayポイント運用」改悪!ドルコスト平均法で手数料1%に負けない運用

現金を使って投資をするのはまだ怖いな、と思って始めた「ポイント運用」も、「PayPayポイントを貯め続けるの大変だな…」と感じ、少しずつ現金を使う本格的な投資に興味が出てきているのではないでしょうか。

「でも、いきなり大きな額を投資するのもな…」

と思っている方には、少額からスマホで始められる「スマホ証券」をおすすめします。

今回は、

少額投資できる「スマホ証券」

  1. 1,000円から購入できる「PayPay証券」
  2. 1株から購入できる「LINE証券」

について解説します。

2022年4月、民法改正で成人年齢が引き下げられ、満18歳以上の方から証券口座が開設できるようになりました。

初めての投資は、少額で徐々に運用に慣れていくことが大切です。

こんな方におすすめ
  • PayPayポイント運用から一歩進んだ投資をしたい方
  • 少額からの投資に興味がある方
  • はじめての証券口座をどこにしようか考えている方

はじめに

今回の記事は、

PayPay経済圏の始め方!「経済圏でできること」&「準備するもの」を徹底解説!

【初心者向け】PayPay経済圏を攻略するアイテム8選

の一部です。

上記の記事も一緒に読んでいただけると、「PayPay経済圏」をより理解しやすくなります。

「PayPay経済圏」のやりくり

※2022年4月より「PayPayボーナス」は「PayPayポイント」に名称が変更されました。

少額投資できる「スマホ証券」

※投資はリスクを伴います。自己判断で行っていただくよう、お願いいたします。

米国株・米国ETFに投資するなら「PayPay証券」

メリット
  • 通常100株からしか購入できない大きい額の株も1,000円で購入できる
  • 米国個別株、米国ETFも購入できる
デメリット
  • 証券口座への入出金手数料は自己負担
  • 米国株への投資は、為替リスクが発生する

「PayPay証券」では、1,000円から米国株、米国ETFに投資ができます。

日本円で購入するため、自分でドルに交換するという大変な手間がなく、投資初心者の方も安心して取引ができます。

PayPayボーナス運用のコース

  1. チャレンジコース(短期運用向き)→ 銘柄:DIREXION S&P 500 3X(SPXL)
  2. スタンダードコース(長期運用向き)→ 銘柄:SPDR S&P500 ETF(SPY)
  3. テクノロジーコース(NEW)→ 銘柄:INVESCO QQQ TRUST,SERIES 1(QQQ)

3つのETF銘柄「SPXL」「SPY」「QQQ」も「PayPay証券」では1,000円から取引ができます。

また、厚切りジェイソンさんの本「ジェイソン流お金の増やし方」でおすすめされていた「VTI」も「PayPay証券」で購入できます。

「PayPay証券」の口座開設に必要なものは、

  • 免許証
  • マイナンバーカード

の2つです。

「必要事項」の記入→「顔画像」撮影を行い、5分ほどあればスマホから申込みが完結します。

1,000円から米国株に投資する

夫(PayPay)
夫(PayPay)

2022年4月中旬より、PayPay証券でドルコスト平均法を使った米国ETF投資を始めました。「VTI」と「VYM」の2銘柄です。また、後日運用成績を報告できたら、と思っております。

国内株式に少額投資するなら「LINE証券」

メリット
  • 通常100株からしか購入できない大きい額の株も1株から購入できる
  • LINEポイントでも購入できる→売却後は現金に
  • 入出金手数料は基本無料
デメリット
  • 外国株は取引不可

通常の証券会社では100株からの購入が基本の国内株を「LINE証券」では、1株単位で購入することができます。

LINE証券では、口座に入れた現金はもちろん、LINEポイントでも投資することができます。

Yahoo!ショッピングは「LINEショッピング経由」でPayPayポイント貯まる

「LINEポイント」→「PayPayポイント」に交換して「PayPayポイント運用」をしていた方は、PayPayに交換することなく、多くの銘柄から自分の好きな銘柄に投資できます。

運用して引き出しても「PayPayポイント」としてしか引き出せなかった「ポイント運用」と異なり、「LINE証券」では「LINEポイント」を使って投資し、売却後は現金になることは、「LINE証券」の魅力の1つです。

口座開設に必要なものは、「免許証」「マイナンバーカード」などの本人確認書類です。

  1. 必要事項の入力
  2. 携帯電話の認証
  3. 本人確認情報の入力

という口座開設の流れなので、スマホからすぐに申込みが完結します。

夫(PayPay)
夫(PayPay)

「LINE証券」なら1株から購入できるので、100株では高額で購入をあきらめていた銘柄にも挑戦できます。

まとめ

「PayPayポイント運用」に慣れてきたら、一歩踏み出し「証券口座」の開設をしてみましょう。

少額から始められる「スマホ証券」投資初心者の方におすすめです。

少額から始められる「スマホ証券」

  1. 米国株・米国ETFに投資するなら1,000円からの「PayPay証券」
  2. 国内株式に投資するなら1株からの「LINE証券」

投資は、はじめから大きな額の商品に手を出すのではなく、少額から「資金」「経験」をコツコツと積み重ねていくことが大切です。

少額投資できる「PayPay証券」「LINE証券」で投資への一歩を踏み出しましょう。

Twitter「んぺさん@PayPay経済圏ブログ」にて、日々のPayPay経済圏情報をつぶやいています。

よろしければ、Twitterフォローよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました