【楽天から乗り換え】PayPay乗り換えはこちらから >>

PayPayポイント運用に毎日99円積立を1年続けた結果【スタンダードコース編】

ポイント運用
  • 「PayPayポイント運用」を毎日同額ずつ追加するとどうなるんだろう?
  • 「PayPayポイント運用」で少しでも利益を出したいんだけど…

PayPayポイント運用の利用者数は、700万人を突破しました。(2022年10月時点)

PayPay利用者数が5,000万人であることを考えると、7人に1人がポイント運用をしているという計算になります。

はじめは、2コース(スタンダード、チャレンジ)しか選べなかった「PayPayポイント運用」ですが、その後3コース(テクノロジー、ゴールド、逆チャレンジ)が追加され、コース選びも楽しくなりました。

一方で、2022年はきびしい相場が続き、利益を出すのはむずかしいな、と思った方も多いのではないでしょうか。

ポイントでの運用とは言え、誰もが少しでも利益を出したいものです。

そんな自分は、2021年11月から毎日同額ポイント追加をする「ドルコスト平均法」で1年間「PayPayポイント運用」を行いました。

今回は、PayPayポイント運用「スタンダードコース」に毎日同額積立をしたら、1年後どうなったのか?についてを解説します。

自身のTwitterで毎日行っていた「ポイント運用報告」を元に損益をグラフ化しました。

ぜひ、今後の「PayPayポイント運用」の参考にしていただけたらうれしく思います。

※この記事で紹介する方法は、必ず利益が出るというわけではありません。運用をする際は、自己判断・自己責任で行っていただくよう、お願いいたします。

スポンサーリンク

「ドルコスト平均法」を用いた「PayPayポイント運用」の方法

毎日同額追加「ドルコスト平均法」を用いたポイント運用

  1. PayPayポイントを貯める
  2. ポイント運用「スタンダードコース」に毎日99円追加
  3. (※Twitterでポイント運用報告を行う ← 自分のみ

2021年11月に始めた「PayPayポイント運用」は、長期運用を目的としているため、レバレッジのかかっていない「スタンダードコース」を選択しました。

2022年3月にポイント運用への100円以上追加する際に手数料が発生することが発表されました。

はじめは100円ずつ追加をしておりましたが、131日目から手数料のかからない99円ずつ追加に変更しました。

頭をあまり使うことなく機械的に運用を行いたかったため、相場の動いていない日(土日など)なども関係なく、99円追加することをルールにしました。

ドルコスト平均法を用いて「ポイント運用」を行うには、決めた額を追加し続けるための「PayPayポイント」が必要です。

まずは「PayPayポイント」を貯めて、ポイント運用を行いましょう。

スポンサーリンク

PayPayポイント運用「スタンダードコース」の記録

以下の運用記録は、110日目からほぼ毎日運用報告を行った自身のツイートを元に、グラフにしました。

【〇ヵ月目】Twitter記録 をクリックすると、30日間の運用ツイートをまとめてご覧いただけます。

んぺ
んぺ

毎日手動でポイントの追加を行ったため、ポイント運用のし忘れ、ツイートのし忘れなどがありましたことは、ご了承ください。

5ヵ月目(121~150日目)

【5ヵ月目】Twitter記録

▼5ヵ月目の最大・最小損益

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【130日目】
2022/3/30
+7.73%
13,000円14,005円
(+1,005円)
最小
損益率
【121日目】
2022/3/21
+1.83%
12,100円12,321円
(+221円)

6ヵ月目(151~180日目)

【6ヵ月目】Twitter記録

▼6ヵ月目の最大・最小損益

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【152日目】
2022/4/21
+8.96%
15,178円16,538円
(+1,360円)
最小
損益率
【180日目】
2022/5/19
-4.42%
17,950円17,157円
(-793円)

7ヵ月目(181~210日目)

【7ヵ月目】Twitter記録

▼7ヵ月目の最大・最小損益

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【199日目】
2022/6/8
+4.95%
19,831円20,812円
(+981円)
最小
損益率
【208日目】
2022/6/17
-7.48%
20,722円19,173円
(-1,549円)

8ヵ月目(211~240日目)

【8ヵ月目】Twitter記録

▼8ヵ月目の最大・最小損益

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【240日目】
2022/7/20
+3.46%
23,890円24,716円
(+826円)
最小
損益率
【211日目】
2022/6/20
-5.46%
21,019円19,872円
(-1,147円)

9ヵ月目(241~270日目)

【9ヵ月目】Twitter記録

▼9ヵ月目の最大・最小損益

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【270日目】
2022/8/19
+10.03%
26,860円29,544円
(+2,694円)
最小
損益率
【253日目】
2022/8/2
+1.73%
25,177円25,613円
(+436円)

10ヵ月目(271~300日目)

【10ヵ月目】Twitter記録

▼10ヵ月目の最大損益率・最小損益率

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【295日目】
2022/9/13
+10.41%
29,335円32,389円
(+3,054円)
最小
損益率
【283日目】
2022/9/1
+3.43%
28,147円29,113円
(+966円)

11ヵ月目(301~330日目)

【11ヵ月目】Twitter記録

▼11ヵ月目の最大損益率・最小損益率

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【302日目】
2022/9/20
+4.75%
30,028円31,453円
(+1,425円)
最小
損益率
【313日目】
2022/10/1
-2.62%
31,117円30,301円
(-816円)

12ヵ月目(331~360日目)

【12ヵ月目】Twitter記録

▼12ヵ月目の最大・最小損益

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大
損益率
【341日目】
2022/10/29
+8.04%
33,889円36,614円
(+2,725円)
最小
損益率
【353日目】
2022/11/10
+2.63%
35,077円35,999円
(+922円)
スポンサーリンク

まとめ

PayPayポイント運用「スタンダードコース」に、毎日99円積立をした結果

日にち追加総額運用残高
運用損益
最大含み
利益率
【295日目】
2022/9/13
+10.41%
29,335円32,389円
(+3,054円)
最大含み
損益率
【208日目】
2022/6/17
-7.48%
20,722円19,173円
(-1,549円)

という結果になりました。

「スタンダードコース」では爆益を出すことはできませんが、ある程度安定のある運用が行えたと自分自身感じています。

「ドルコスト平均法」は、毎日同額追加するだけなので、感情に左右されない運用ができます。

「PayPayポイント」さえ貯めることができれば、誰でも「ドルコスト平均法」による運用は可能です。

「ドルコスト平均法」による米国ETF運用には興味があるが、

  • PayPayポイントが貯められない
  • 毎日手動で積み立てるのが大変

という場合は、PayPay証券の「つみたてロボ貯蓄」がおすすめです。

PayPay証券の「つみたてロボ貯蓄」を使えば、米国ETFに

  • 1,000円から購入可能
  • 日にちを指定して自動で積立
  • 配当金をPayPayマネーで受け取れる

が可能です。

「つみたてロボ貯蓄」を使うと、「PayPayポイント運用」やPayPayアプリ内の「資産運用」よりも、たくさんの銘柄から選ぶことができます。

自分は、2022年4月からポイント運用と同時進行で米国ETFの2銘柄

  • VTI
  • VYM

を「つみたてロボ貯蓄」によるドルコスト平均法(毎週1,000円自動積立)で運用しています。

「つみたてロボ貯蓄」は、

  • ポイント運用に慣れてきた方
  • 少額から米国ETFに積立運用をしたい方
  • 米国ETFに自動積立を行いたい方

に最適です。

年4回の配当金を「PayPayマネー」で受け取れる楽しみもあります。

「つみたてロボ貯蓄」は、PayPay証券の口座開設をすれば、誰でも利用可能です。

米国ETFに自動積立ができる「つみたてロボ貯蓄」をぜひチェックしてみてください。

≫「つみたてロボ貯蓄」の詳細はこちら

米国ETFが1,000円から購入できる

んぺ
んぺ

Twitter「んぺ@PayPay経済圏ブログ」にて、「PayPay経済圏」のお得情報をつぶやいています。Twitterにも遊びに来ていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました