【楽天から乗り換え】PayPay乗り換えはこちらから >>

PayPayで投資!ポイント運用、資産運用、PayPay証券アプリの違いを解説!

ポイント運用
  • PayPayポイント運用に慣れてきたから、お金を使って投資をしてみたいな。
  • 米国ETFを購入してみたいけど、いきなり大きい額を使うのは怖くて…

PayPay経済圏には、「ポイント運用」「資産運用」「PayPay証券アプリ」の3つの投資方法があります。

米国ETFに興味はあるが、いきなり多くの現金を使うのはとても勇気がいります。

そんな方には、「ポイント運用」からはじめ、「資産運用」「PayPay証券アプリ」へ徐々にステップアップしていくことがおすすめです。

でも、3つの投資方法の違いって何?

そんな方に今回は、

  • PayPayポイント運用
  • PayPay資産運用
  • PayPay証券アプリ(つみたてロボ貯蓄)

の違いについて解説します。

こんな方におすすめ
  • PayPayポイント運用をしている方
  • 米国ETFに興味がある方
  • 少額で投資を始めてみたい方
スポンサーリンク

3つの投資&運用の違い

PayPay経済圏でできる投資&運用には、「PayPayポイント運用」「PayPay資産運用」「PayPay証券アプリ」の3つがあります。

3つの運用の違いを表でまとめました。


PayPay
ポイント運用

PayPay
資産運用

PayPay
証券アプリ
アプリPayPay
アプリ
PayPay
アプリ
PayPay
証券アプリ
運用コース米国ETF
4コース
米国ETF
6コース
米国株
米国ETF
日本株
日本ETF
投資信託
配当金なしあり
(年4回)
あり
(年4回)
運用資金PayPay
ポイント
PayPay
マネー
現金
資金追加1ポイント~100円~
(1円単位)
1,000円~
(1,000円単位)
手数料
(追加時)
1%
(100P以上
追加の場合)
0.5~0.7%
(時間帯による)

※日本株・ETFは
0.5~1.0%
0.5~0.7%
(時間帯による)

※日本株・ETFは
0.5~1.0%
手数料
(引出時)
なし0.5~0.7%
(時間帯による)

※日本株・ETFは
0.5~1.0%
0.5~0.7%
(時間帯による)

※日本株・ETFは
0.5~1.0%
その他費用為替交換
片道35銭/ドル

信託報酬
(銘柄による)
為替交換
片道35銭/ドル

信託報酬
(銘柄による)
んぺ
んぺ

それぞれの投資&運用でメリット、デメリットがあります。どの運用&投資が自分に合っているかみていきましょう。

スポンサーリンク

3つの投資&運用の特徴

投資&運用は、自己責任・自己判断で行っていただくようお願いいたします。

①PayPayポイント運用

「PayPayポイント運用」のメリット

  1. 口座開設不要
  2. 1ポイントから運用
  3. いつでも出し入れ自由

PayPayポイント運用は、PayPayアプリ内で「PayPayポイント」を使って1ポイントから運用することができます。

運用は米国ETFの4コースから選びます。

「PayPayポイント運用」5コース
  • スタンダードコース(SPDR)
  • チャレンジコース(SPXL)
  • テクノロジーコース(QQQ)
  • ゴールドコース(GLD)
  • 逆チャレンジコース(SPXS)

追加引き出しはいつでも可能ですが、2022年3月からポイント追加時に1%のスプレッド(手数料)がかかるようになりました。(99ポイント以下の場合はスプレッドなし)

引き出し時は今まで通り手数料はかかりません。

配当金はありませんが、PayPayポイントを使い、手軽に米国ETFへの投資を体験することができます。

PayPayポイント運用には、「PayPayポイント」が必要であるため、「PayPayポイント」を貯めた上で運用をしましょう。

長期運用には、「スタンダードコース」「ゴールドコース」がおすすめです。

自分は、2021年11月から「スタンダードコース」、2022年8月から「ゴールドコース」のポイント運用をドルコスト平均法により、継続して行っています。

んぺ
んぺ

「ポイント運用」に興味のある方は、ぜひ下記の記事をごらんください。

②PayPay資産運用

「PayPay資産運用」のメリット

  1. PayPayマネーを運用
  2. 100円からはじめられる
  3. 即時引き出し可能
  4. 厳選された米国ETFを取引
  5. PayPayアプリから簡単操作
  6. 配当金を受け取れる

PayPay資産運用は、PayPayアプリ内で「PayPayマネー」を使って100円から運用することができます。

「PayPay資産運用」を利用するには、

  • PayPay本人確認
  • PayPay証券口座の開設

が必要です。

PayPay資産運用なら米国ETFも100円から

運用はポイント運用の4コース+2コースから選ぶことができます。

「PayPay資産運用」6コース
  • スタンダードコース(SPDR)
  • チャレンジコース(SPXL)
  • テクノロジーコース(QQQ)
  • ゴールドコース(GLD)
  • フラットキープコース(SUSA)
  • ESGコース(USIG)

PayPay資産運用では、PayPayポイント運用にはない、配当金(年4回)を受け取れるのも魅力です。

PayPay資産運用は、手数料や費用がかかることを覚えておきましょう。

「PayPay資産運用」でかかる費用
  • 追加時手数料(0.5~0.7%)
  • 引き出し時手数料(0.5~0.7%)
  • 為替交換手数料(片道35銭/ドル)
  • 信託報酬(運用銘柄による)

各種手数料についてはこちらでご確認ください。

費用は多少かかりますが、PayPayマネーを使って運用を行うので、証券口座への入出金手数料を考える必要なく、PayPayアプリで手軽に投資できます。

  • PayPayポイント運用に慣れてきた
  • PayPayポイントを貯めるのが大変になった

そんな方は、ポイント運用から一歩進んだ「PayPay資産運用」を試してみるとよいでしょう。

PayPayマネーは、手数料無料でいつでも「PayPay銀行」への出金できます。

んぺ
んぺ

PayPay資産運用をする方は、「PayPay銀行」と「PayPay証券」を一緒に開設するとよいでしょう。

③PayPay証券アプリ

「PayPay証券アプリ」のメリット

  1. PayPay資産運用より多くの銘柄
  2. 米国ETFを1,000円から運用
  3. 配当金を受け取れる
  4. PayPayマネーなら出金手数料無料
  5. 「つみたてロボ貯蓄」で自動積立

PayPay証券アプリでは、現金を使って1,000円から投資をすることができます。

PayPay証券では、

  • 米国株(ETF)
  • 日本株(ETF)
  • 投資信託

など、「ポイント運用」や「資産運用」よりも多くの投資先から選ぶことができます。

PayPay証券アプリを利用するには、PayPay証券口座の開設が必要です。

「PayPay証券」の口座開設に必要なものは、

  • 免許証
  • マイナンバーカード

の2つです。

「必要事項」の記入→「顔画像」撮影を行い、5分ほどあればスマホから申込みが完結します。

ドルコスト平均法に最適!米国ETFの自動積立ができる!

PayPay証券アプリでは、「PayPay資産運用」と同様に配当金(年4回)を受け取ることができます。

PayPay証券では、手数料や費用がかかることを覚えておきましょう。

「PayPay証券」でかかる費用
  • 追加時手数料(0.5~0.7%)
  • 引き出し時手数料(0.5~0.7%)
  • 為替交換手数料(片道35銭/ドル)
  • 信託報酬(運用銘柄による)

各種手数料についてはこちらでご確認ください。

PayPay証券の魅力は、

  • 配当金がもらえる
  • 1,000円から購入できる
  • 「つみたてロボ貯蓄」で自動積立できる

ことです。

配当金がもらえる

「PayPay証券」では、年4回の配当金がもらえます。

もらった配当金は、円換算されているため、すぐに引き出すことができます。

配当金は手数料無料で引き出せる「PayPayマネー」がおすすめです。

引き出した「PayPayマネー」は、PayPay残高として買い物したり、PayPay銀行に無料で出金したりできます。

米国ETFも1,000円から購入

米国株(ETF)は、通常1株から購入できる証券会社が多く、1回の購入で最低でも1万円以上必要です。

PayPay証券では、米国株(ETF)も1,000円単位(最低1,000円~)で購入できます。

そのため、

  • いきなり多くの資金を使うのが心配な方
  • いくつかの銘柄に投資してみたい方
  • ドルコスト平均法で運用したい方

に「PayPay証券」はおすすめです。

1,000円単位で購入できるため、ドルコスト平均法を利用した運用にも最適です。

「ドルコスト平均法」とは
価格変動のある金融商品のリスクを抑えるため、一定額を定期的に買う方法です。
平均購入単価が平均化され、長期的な運用に効果がある、と言われています。

「つみたてロボ貯蓄」で自動積立できる

ドルコスト平均法を利用するなら、自動積立できる「つみたてロボ貯蓄」がおすすめです。

「つみたてロボ貯蓄」は、

  1. PayPay証券口座を開設
  2. つみたてロボ貯蓄アプリをダウンロード

することで利用できます。

アプリをダウンロードして、ログインすると

  • 運用銘柄
  • 金額指定
  • 資金追加の曜日(日にち)

などを自分で設定をし、自動積立することができます。

自動積立の場合、市場があいている時間内に購入されるため、追加時スプレッドは一律0.5%です。

≫「つみたてロボ貯蓄」詳細はこちら

んぺ
んぺ

自分は「つみたてロボ貯蓄」で、「VTI」「VYM」を毎週月曜日に1,000円ずつ自動積立しています。一度設定をすれば、自動で積立ができるため手間がかかりません。

スポンサーリンク

まとめ

PayPay経済圏で行える3つの運用&投資についてまとめました。


PayPay
ポイント運用

PayPay
資産運用

PayPay
証券アプリ
アプリPayPay
アプリ
PayPay
アプリ
PayPay
証券アプリ
運用コース米国ETF
4コース
米国ETF
6コース
米国株
米国ETF
日本株
日本ETF
投資信託
配当金なしあり
(年4回)
あり
(年4回)
運用資金PayPay
ポイント
PayPay
マネー
現金
資金追加1ポイント~100円~
(1円単位)
1,000円~
(1,000円単位)
手数料
(追加時)
1%
(100P以上
追加の場合)
0.5~0.7%
(時間帯による)
0.5~0.7%
(時間帯による)
手数料
(引出時)
なし0.5~0.7%
(時間帯による)
0.5~0.7%
(時間帯による)
その他費用為替交換
片道35銭/ドル

信託報酬
(銘柄による)
為替交換
片道35銭/ドル

信託報酬
(銘柄による)

PayPay経済圏では、

  1. PayPayポイント運用(PayPayポイント)
  2. PayPay資産運用(PayPayマネー)
  3. PayPay証券アプリ(現金)

の順に投資&運用に少しずつ慣れていき、ステップアップできます。

おすすめは、自動追加をしてくれる「つみたてロボ貯蓄」です。

2021年4月から「つみたてロボ貯蓄」を使って米国ETFの運用を開始しました。

毎週月曜日に「VTI」「VYM」へ1,000円ずつ追加しています。

6月、9月に配当金が入りました。

年4回もらえる配当金は、PayPayポイント運用では味わえない楽しみがあります。

PayPayポイント運用に慣れてきたら、ぜひ資産運用、PayPay証券アプリ(つみたてロボ貯蓄)へステップアップしていくことをおすすめします。

んぺ
んぺ

【自動追加できる「つみたてロボ貯蓄」で「VTI」「VYM」に投資してみた!】

(記事作成中につきしばらくお待ちください)

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました