「PayPayポイント運用」改悪!ドルコスト平均法で手数料1%に負けない運用

PayPay経済圏
  • PayPayポイント運用の手数料が今後1%かかるらしいけど、今後の対策どうしよう…
  • PayPayポイント運用を毎日ドルコスト平均法で行ったら、どうなるんだろう?

2022年4月、「PayPayボーナス」が「PayPayポイント」に名称が変わったことで、「PayPayボーナス運用」も「PayPayポイント運用」へと呼び方が変わりました。

PayPayアプリ内の「ポイント運用」利用者は、ついに600万人を突破しました。(2022年4月現在)

還元されたPayPayポイントで始められる「PayPayポイント運用」は、実際にお金を使った投資は怖いな、という投資初心者の方も投資の疑似体験ができ、おすすめです。

ポイント運用の追加は、

  1. 自動追加
  2. 手動追加

の2通りがあります。

2022年3月24日(木)から、運用ポイント追加時に1%の手数料がかかることが発表されました。

(PayPayポイントへ引き出す手数料は発生しません。)

「自動追加」は、PayPayポイントが付与されると自動で運用を設定したコースへPayPayポイントが自動追加されて便利です。

ですが、今後は「自動追加」設定のままにしていると、1%の手数料がかかるため注意が必要です。

今後PayPayポイント運用を行うには、99円ずつ「手動追加」にすると、手数料がかからずに運用できます。

夫(PayPay)
夫(PayPay)

99円を同日に複数回追加することはできますが、過度な追加や同じことを異常に繰り返すと、「アカウント停止」になることもあるようです。大事なボーナス運用が没収されないよう、節度をもって運用するようにしましょう。

「99円ずつ追加しても、全然運用できないのではないだろうか…。」

そう思っている方のために、今回は毎日PayPayポイントを一定額追加するドルコスト平均法を活用し、

  • 1日100円ずつ手動追加(3/24以降は99円ずつ追加予定)
  • スタンダードコース(長期運用が目的)

の運用成績を公開します。

今後、1日99円ずつ追加しようかな、と考えている方に参考にしていただけたらうれしいです。

「ドルコスト平均法」とは
価格変動のある金融商品のリスクを抑えるため、一定額を定期的に買う方法です。
平均購入単価が平均化され、長期的な運用に効果がある、と言われています。

はじめに

今回の記事は、

⇒ PayPay経済圏の始め方!「経済圏でできること」&「準備するもの」を徹底解説! 

⇒【初心者向け】PayPay経済圏を攻略するアイテム8選

の一部です。

上記の記事も一緒に読んでいただけると、「PayPay経済圏」をより理解しやすくなります。

「PayPay経済圏」のやりくり

※2022年4月より「PayPayボーナス」は「PayPayポイント」に名称が変更されました。

また、「PayPayポイント運用」に慣れ、本格的な投資に興味を持ち始めた方には、1,000円という少額から投資できる「スマホ証券」へ踏み出すことをおすすめします。

⇒ 少額投資ではじめる!2つのおすすめ「スマホ証券」

PayPayボーナス運用をはじめる準備

※投資に絶対の方法はないため、自己判断で行っていただくよう、お願いいたします。

PayPayポイント運用とは?

「PayPayポイント運用」とは、PayPayサービスを利用した際に、還元されたPayPay(PayPayポイント)を利用した運用サービスです。

運用コースは

  1. チャレンジコース(短期運用向き)→ 銘柄:DIREXION S&P 500 3X(SPXL)
  2. スタンダードコース(長期運用向き)→ 銘柄:SPDR S&P500 ETF
  3. テクノロジーコース(NEW)

の3種類から選ぶことができます。(3種類同時運用も可能)

「チャレンジコース」「スタンダードコース」は、今人気の「S&P500」に連動したETFです。

「ETF」とは
ETFとは、上場している投資信託のことです。
上場しているため、株取引のように、自分のタイミングで買付や売却の注文が可能な商品です。

「チャレンジコース」は、上がる時3倍となり爆益を狙うことができそうですが、下がる時も3倍となるハイリスク・ハイリターンなコースです。

3倍のレバレッジがかかっているため、短期運用向きのコースです。

レバレッジ型ETFが長期運用に向かないという説明は、リベ大「両学長」の下記の記事がとてもわかりやすいですので、ご覧ください。

⇒【金融庁が注意喚起!】レバレッジ型ETFの「よくある勘違い5選」について解説

夫(PayPay)
夫(PayPay)

PayPayポイントを長期運用するには、「スタンダードコース」が無難です。

PayPayポイントを貯める方法

PayPayポイント運用を行うには、名前の通り「PayPayポイント」が必要となります。

(カードからチャージしたものは、「PayPayマネー」に分類され、ポイント運用には利用できません。)

「PayPayポイント」を多く獲得するには、下記の5つの方法がおすすめです。

⇒PayPayポイント運用に使う「PayPayポイント」を簡単に貯める方法5選

「PayPayポイント」を簡単に貯める方法

  1. PayPayクーポン
  2. PayPay請求書払い→LINE請求書払いに乗り換え
  3. Yahoo!ショッピング(PayPayモール)
  4. LINEショッピング←おすすめ
  5. ふるさと納税←おすすめ

⇒ Yahoo!ショッピングは「LINEショッピング経由」でPayPayポイント貯まる

おすすめは、「LINEショッピング」の利用を習慣化することです。

「LINEショッピング」は、PayPayポイントに交換可能なLINEポイントを貯めることができるポイントサイトです。

「LINEショッピング」をはじめて利用する際に必要なのは、「LINEショッピングの公式アカウント」と友だちになるだけです。

めんどくさい会員登録の必要がなく、ほんの10秒もあれば「LINEショッピング」をはじめることができます。

「LINEショッピング」を経由して、Yahoo!ショッピング(PayPayモール)のWEBサイトから商品を購入することで、PayPayポイントがダブルで貯まります。

「Yahoo!ショッピング(PayPayモール)」で買い物する際に、ポイントサイトを使わずにそのままアプリから購入している方は、今すぐ「LINEショッピング」をはじめましょう。

「LINEショッピング」の利用が習慣になると、「あれ?いつの間にこんなにLINEポイント貯まったんだ!」という日が来ること間違いないでしょう。

LINEポイントがザクザク貯まる

LINEショッピングをはじめる
夫(PayPay)
夫(PayPay)

「LINE Pay」と「PayPay」が統合したことで、「LINEポイント」から「PayPayポイント」への交換が簡単にできるようになりました。

PayPayポイント運用をはじめる

PayPayポイント運用は、PayPayアプリの「ポイント運用」をクリックして始めます。

その後は、

  1. 運用コースの選択(チャレンジorスタンダードorテクノロジー)
  2. 追加額の指定
  3. 「追加する」をクリック

により、運用がはじまります。

①運用コースの選択

②追加額の指定 → ③「追加する」をクリック

ETFは、米国株式があいている日本時間の夜中だけでなく、日中も動いています。

そのため追加直後、すぐに金額は上下しますが、長期運用で考えている場合は、少しの上下を気にする必要はありません。

また運用の引き出しは、運用コース内にある「ポイントを引き出す(交換)」をクリックし、引き出したいボーナス額を指定します。

夫(PayPay)
夫(PayPay)

引き出し後は、PayPayポイント残高にチャージ(手数料無料)されます。

毎日ドルコスト平均法の運用成績は…

2021年11月17日から、ドルコスト平均法を活用し、

  • スタンダードコース
  • 毎日手動で100円ずつ追加130より99円ずつ追加)

を行いました。

手動で運用を行うため、たまにPayPayポイントの追加を忘れてしまったこともありましたが、その点はご了承ください…

(※Twitter運用成績とブログ記事報告は、ツイート時間帯により差が生じています。)

日時
追加総額
 残高    損益    
1ヵ月後
(30日目)
2021/12/17
3,000円
3,008円+8円
(+0.27%)
2ヵ月後
(60日目)
2022/01/17
6,000円
5,970円-30円
(-0.50%)
3ヵ月後
(90日目)
2022/02/18
9,000円
8,594円-406円
(-4.51%)
4ヵ月後
(120日目)
2022/03/20
12,000円
12,243円+243円
(+2.03%)
5ヵ月後
(150日目)
2022/04/19
14,980円
15,848円+868円
(+5.79%)
【更新予定】
6ヵ月後
(180日目)
お楽しみに!

開始直後、米国株式の下落にあい、運用成績がマイナスになる期間が長く続きました。

今までの運用で1番下がった日は、

 残高    損益    
109日目
2022/03/09
10,087円-813円
(-7.46%)

でした。

運用成績がマイナスのときに、ポイント額100円とはいえ、追加し続けるというのは、メンタルが折れそうになったこともありました。

ですが、ドルコスト平均法の効果、「S&P500」が長期でみれば右肩上がりであることを信じ、毎日同じ金額を追加し続けました。

S&P500は、毎日の上昇下落に一喜一憂せず、長期にかけての運用を行うことが大切です。

最近の運用成績は、「んぺさん@PayPay経済圏ブログ」にて公開中です!

よろしければ、Twitterフォローよろしくお願いいたします。

まとめ

今回は、

  • スタンダードコース
  • 毎日手動で100円ずつ追加

でドルコスト平均法の成績を公開しました。

2022年3月24日(木)から、運用ポイント追加時に1%の手数料がかかるようになります。

手数料改悪後、手数料をとられてしまうのが嫌な方は、手動で99円ずつ追加を行い、手数料がかかるのを回避するとよいかもしれません。

1日99円ずつでも年間でおよそ36,000円分のポイントを追加することができます。

今後の目標は…

  1. 手数料のかからないドルコスト平均法を毎日つづける
  2. 2022年末に3%(+1,000円)以上の成績を目指す

の2つです。そのために、

  • PayPay経済圏を活用し、PayPayポイントを獲得すること
  • 起床後のルーティンに、ポイント99円分の追加を忘れずに行うこと

をできる限り続けていきたいと思います。

また、運用成績を今後も報告させていただきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました