【楽天から乗り換え】PayPay乗り換えはこちらから >>

「PayPayポイント運用」改悪!ドルコスト平均法で手数料1%に負けない運用

ポイント運用
  • 「PayPayポイント運用」の手数料が今後1%かかるけど、今後どうしよう…
  • 「PayPayポイント運用」を毎日ドルコスト平均法で行ったら、どうなるんだろう?

2022年4月、「PayPayボーナス」が「PayPayポイント」に名称が変わったことで、「PayPayボーナス運用」も「PayPayポイント運用」へと呼び方が変わりました。

PayPayアプリ内の「ポイント運用」利用者は、ついに600万人を突破しました。(2022年4月現在)

還元されたPayPayポイントで始められる「PayPayポイント運用」は、実際にお金を使った投資は怖いな、という投資初心者の方も投資の疑似体験ができ、おすすめです。

ポイント運用の追加は、

  1. 自動追加
  2. 手動追加

の2通りがあります。

んぺ
んぺ

2022年3月24日(木)から、運用ポイント追加時に1%の手数料がかかります。引き出す手数料は発生しません。

「自動追加」は、「PayPayポイント」が付与されると、設定したコースへ「PayPayポイント」が自動追加されて便利です。

ですが、今後は「自動追加」設定にしていると、気づかないうちに手数料がとられるため注意が必要です。

今後「PayPayポイント運用」を行うには、99円ずつ「手動追加」にすると、手数料がかからずに運用できます。

※「ポイント運用」「99円入金」については、自己判断・自己責任で行っていただくよう、お願いいたします。

99円を同日に複数回追加することはできますが、過度な追加や同じことを異常に繰り返すと、「アカウント停止」になる可能性も今後出てくるかもしれません。

大事なボーナス運用が没収されないよう、節度をもって運用するようにしましょう。

「99円ずつ追加しても、運用できないんじゃないのか…。」

そう思っている方のために、今回は毎日ドルコスト平均法をし、

  • 1日99円ずつ手動追加(3/23以前は100円ずつ追加)
  • スタンダードコース(長期運用を目標とするため)

の運用成績を公開します。

今後、自分も毎日少しずつ「ポイント運用」に追加してみたいな、と考えている方に参考にしていただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

PayPayボーナス運用をはじめる準備

①PayPayポイント運用とは?

「PayPayポイント運用」とは、PayPayを利用して還元された「PayPayポイント」を利用した運用サービスです。

運用コースは4種類(同時運用も可)です。

PayPayポイント運用
  • 【チャレンジコース】SPXL
  • 【スタンダードコース】SPY
  • 【テクノロジ―コース】QQQ
  • 【ゴールドコース】GLD ←NEW

「チャレンジコース」「スタンダードコース」は、今人気の「S&P500」に連動したETFです。

「ETF」とは
ETFとは、上場している投資信託のことです。
上場しているため、株取引のように、自分のタイミングで買付や売却の注文が可能な商品です。

「チャレンジコース」は、上がる時3倍となり、上手く運用を行えば爆益を狙うことも可能です。

ですが、下がる時も3倍となるためハイリスク・ハイリターン短期運用向きのコースです。

レバレッジ型ETFが長期運用に向かないという説明は、リベ大「両学長」の下記の記事がとてもわかりやすいですので、ご覧ください。

👉【金融庁が注意喚起!】レバレッジ型ETFの「よくある勘違い5選」について解説

んぺ
んぺ

「PayPayポイント」を長期運用するには「スタンダードコース」または「ゴールドコース」がおすすめです。

②PayPayポイントを貯める方法

「PayPayポイント運用」を行うには、「PayPayポイント」が必要となります。

ポイント運用で使えるPayPay
  • 〇 PayPayポイント
  • × PayPayマネー(銀行チャージ)
  • × PayPayマネーライト(クレカチャージ)

「PayPayポイント」を貯める方法は、下記の方法がおすすめです。

「PayPayポイント」貯める6つの方法
  1. Yahoo!ショッピングで買い物
  2. さとふる・ふるなびでふるさと納税
  3. ポイントサイトはLINEショッピング
  4. LINEPay請求書支払いで固定資産税
  5. PayPayカードの利用
  6. Tポイントから交換

【PayPayお得に増やす】PayPayポイントを増やす方法7選

③PayPayポイント運用をはじめる

PayPayポイントを「追加する」

PayPayポイント運用は、PayPayアプリの「ポイント運用」から始めます。

運用ポイント「手動追加」方法

「PayPayポイント運用」は、米国株式があいている日本時間の夜中だけでなく、日中も動いています。

そのため追加直後は金額がすぐに上下します。

長期運用で考えている場合は、少しの上下を気にする必要はありません。

PayPayポイントを「引き出す」

▼運用ポイント「引き出す」方法

「PayPayポイント」は引き出し後は「現金」ではなく、「PayPayポイント」として、残高にチャージされます。

んぺ
んぺ

運用したポイントは、いつでも自分のタイミングで引き出すことができます。

スポンサーリンク

毎日「ドルコスト平均法」の運用成績(30日経過で随時更新予定)

「ドルコスト平均法」とは
価格変動のある金融商品のリスクを抑えるため、一定額を定期的に買う方法です。
平均購入単価が平均化され、長期的な運用に効果がある、と言われています。

2021年11月17日から、ドルコスト平均法を活用し、

  • スタンダードコース
  • 毎日手動で99円ずつ追加129まで100円ずつ追加)

を行いました。

んぺ
んぺ

手動で運用を行うため、「PayPayポイント」の追加を忘れてしまうこともありますが、ご了承ください。

▼30日ごとの「PayPayポイント運用」

年月日
追加総額
 残高    損益    
1ヵ月後
(30日目)
2021/12/17
3,000円
3,008円+8円
(+0.27%)
2ヵ月後
(60日目)
2022/01/17
6,000円
5,970円-30円
(-0.50%)
3ヵ月後
(90日目)
2022/02/18
9,000円
8,594円-406円
(-4.51%)
4ヵ月後
(120日目)
2022/03/20
12,000円
12,243円+243円
(+2.03%)
5ヵ月後
(150日目)
2022/04/19
14,980円
15,848円+868円
(+5.79%)
6ヵ月後
(180日目)
2022/05/20
17,950円
17,045円-905円
(-5.04%)
7ヵ月後
(210日目)
2022/06/19
20,920円
19,636円‐1,284円
(-6.14%)
8ヵ月後
(240日目)
2022/07/20
23,890円
24,805円+915円
(+3.83%)
9ヵ月後
(270日目)
2022/08/19
26,860円
29,258円+2,398円
(+8.92%)
NEW
10ヵ月後
(300日目)
2022/09/18
29,830円
30,955円+1,125円
(+3.77%)
【更新予定】
11ヵ月後
(330日目)
お楽しみに!

※Twitter運用成績とブログ記事報告は、ツイート時間帯により差が生じています。

▼今までの運用で「1番上がった日(%)」と「1番下がった日(%)」

年月日
追加総額
 残高    損益    
294日目
2022/9/12
29,236円
32,316円記録更新!

最大含み益
+3,080円
(+10.53%)
208日目
2022/06/17
20,722円
19,084円最大含み損
‐1,638円
(-8.58%)

でした。

2022年は、不安定な相場が続いていますが、それでも毎日ポイント追加を続けると、-9%~+9%の間で上下する状態でした。

開始直後、米国株式の下落にあい、運用成績がマイナスになる期間が長く続きました。

運用成績がマイナスのときに、少額のポイントとはいえ、メンタルが折れそうになったこともありました。

ですが「ドルコスト平均法」の効果、「S&P500」が長期でみれば右肩上がりであることを信じ、毎日たんたんと追加し続けています。

「S&P500」に連動した「スタンダードコース」は、毎日の上昇下落に一喜一憂せず、長期にかけての運用を行うことが大切です。

▼Twitterにて、110日目からの運用状況を毎日ツイート中!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • スタンダードコース
  • 毎日手動で99円ずつ追加

による「ドルコスト平均法」の成績を公開しました。

2022年3月24日(木)から、運用ポイント追加時に1%の手数料がかかります。

手数料改悪後、手数料をとられてしまうのが嫌な方は、手動で99円ずつ追加を行い、手数料がかかるのを回避するとよいかもしれません。

また、運用成績を今後も報告させていただきます。

んぺ
んぺ

Twitter「んぺ@PayPay経済圏ブログ」にて運用成績を毎日更新中!

ぜひ、Twitterフォローよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました