「PayPay経済圏の始め方(5ステップ)」はこちら>>

PayPayカード最大1.5%還元!PayPayステップ達成に必要なクレカへ

PayPay

※ 記事内には「PR」を含む場合があります。

  • PayPayはよく使うけど「PayPayカード」は必要なの?
  • 「PayPayクレジット」と「PayPayカード」ってどう違うの?

2023年以降、PayPayステップ「達成条件」「特典変更」がありました。

PayPayステップより引用

今後、PayPayを少しでも多く還元するためには、「PayPayカード」を合わせて利用することが重要です。

今回は、2023年以降「PayPay経済圏」で重要となる

PayPayカードの

  • 特徴
  • メリット・デメリット

について解説します。

この記事でわかること
  • PayPayステップ達成には「PayPayカード」が必須
  • 「PayPay払い」&「PayPayカード」の支払い優先順位

▼『PayPay経済圏』今後の予定 ▼

2024年 特典変更・キャンペーン情報
開催中 宿泊予約でいつでも誰でも最大10%
(Yahoo!トラベル)
6月21日
~8月9日
PayPay(PayPayカード)スクラッチくじ
1等:100% 2等:5% 3等:0.5%
7月
1~28日
お気に入り商品登録キャンペーン
(商品券1,000円分当たる)
7月3日~ 週替わりクーポンがリニューアル
(最大10%OFF~)
7月
20~21日
超PayPay祭(ヤフーショッピング)
(最大23.5%)
7月21日 本気のZOZO祭
(+10%)
8月1日 毎日+4%「ヤフショ商品券」付与が終了
(LINEアカウント未連携の方)
8月
15~17日
ストアラリー
(+1~9%)
9月 大型キャンペーン
(最大27.5%)

あわせて読みたい

【2024年版】PayPay経済圏の変更(改良or改悪)まとめ!現時点の詳細から対策まで

PayPayカードの特徴

2021年秋、Tポイントが貯まる「Yahoo!カード」はPayPayポイントが貯まる「PayPayカード」へと変わりました。


PayPayカード
年会費無料
ポイントPayPayポイント
国際
ブランド
VISA
JCB
Mastercard
還元率200円ごとに
1~1.5%付与

今まで1%のPayPayポイントしか貯まりませんでしたが、2022年12月以降は、

「PayPayカード」の役割

  • PayPayステップのカウント対象(PayPayクレジット登録者限定)
  • PayPayステップ達成で翌月最大1.5%還元(200円につき3ポイント)

という重要なクレジットカードとなります。

PayPayポイントが貯まるクレジットカード

んぺ
んぺ

PayPayをお得に使うためにも、今後は「PayPayカード」&「PayPayクレジット登録」が重要です。

あわせて読みたい

PayPay経済圏の始め方と活用法!年間17万pt獲得したPayPayオタクが解説!

PayPayカードのメリット

①PayPayステップ達成で最大1.5%還元

「PayPayステップ」は、1ヵ月のPayPay(またはPayPayカード)支払いが

  • 回数…30回以上(1回200円以上)
  • 金額…合計10万円以上

を達成すると、翌月のPayPay(またはPayPayカード)の還元率が0.5%アップします。

PayPayステップ達成で、年会費無料のPayPayカードは1%還元(200円につき2pt)から、1.5%還元(200円につき3pt)へ、還元率がアップします。

▼2023年1月以降の特典変更

PayPay
ステップ
前月
未達成
前月
達成

PayPay
カード
1%付与
(200円につき2pt)
1.5%付与
(200円につき3pt)

年会費無料で1.5%還元(200円につき3ポイント)になるクレジットカードは他になく、「PayPayステップ」を達成すると、より多くのPayPayポイントを貯めることができます。

あわせて読みたい

PayPayステップ攻略!PayPay支払い30回&10万円を日常生活で達成する方法

んぺ
んぺ

我が家は、「PayPay」「PayPayカード」をメインに使うようになり、「PayPayステップ」を毎月達成しています。

「PayPayステップ」毎月達成!

②PayPayステップのカウント対象

PayPayステップの支払いカウント(30回&10万円以上)が、「PayPay残高」「PayPayクレジット」に加え、「PayPayカード」も対象となります。

PayPayステップ(翌月+0.5%)の達成条件
支払い
回数
30回
(200円以上の決済)
支払い
金額
10万円
支払い
対象
・PayPay残高
・PayPayクレジット
PayPayカード
(クレジット登録者)

「PayPay払い」のみで1ヵ月に10万円以上は難しいですが、「PayPayカード」を活用することで、PayPayステップ達成の可能性が大きくなります。

「PayPayカード」をPayPayステップのカウント対象にするには、「PayPayクレジット」登録が必要です。

「PayPayクレジット」とは
チャージ不要で利用できるPayPay払いです。 利用料金は、翌月27日に口座から引き落とされます。手数料無料の1回払いを利用することで、クレジットカードの1回払いと同じように利用できます。

PayPayカードを持っていると、PayPayクレジットの登録がすぐにできます。

またPayPayカードを持っていない方は、「PayPayカード」作成と一緒に、「PayPayクレジット」の登録もすませておきましょう。

PayPayポイントが貯まるクレジットカード

③PayPayポイントが貯まるクレカ

「PayPayカード」は、PayPayポイントが貯まるクレジットカードです。

PayPayカードは、

  • PayPayが使えない店舗
  • 電気・ガスなどの月額料金
  • 固定資産税・自動車税の支払い
  • 年会費の支払い

などで利用するとよいでしょう。

電気・ガス料金や新幹線乗車券も「PayPayカード」で!
あわせて読みたい

【2024年版】公共料金(電気・ガス・水道料金)をPayPayでお得に支払う方法

貯まった「PayPayポイント」は、

「PayPayポイント」の使い道

  • PayPay残高として
  • Amazonで利用
  • PayPayポイント運用
  • PayPay資産運用

など、使い道はさまざまです。

あわせて読みたい

期限のない「PayPayポイント」はいつ使うのがお得?おすすめの使い道を解説!

んぺ
んぺ

2023年以降は、PayPay残高払い(PayPayポイント)は0.5~1%還元(200円につき1~2pt)です。

PayPayカードのデメリット

まとめて支払いのポイント付与対象外に

まとめて支払いは、PayPayチャージの中で唯一ポイント還元のある方法です。

  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • SoftBank(ソフトバンク)
  • LINEMO(ラインモ)

限定で利用できます。

あわせて読みたい

PayPayのお得なチャージ方法「まとめて支払い」は唯一ポイント還元あり!

2022年12月より「まとめて支払い」は、「PayPayカード」のポイント付与対象外となります。

今後は、「まとめて支払い」を利用する方は、「PayPayカード」以外のクレジットカードに設定しましょう。

→ソフトバンク通信料等のPayPayカード特典付与対象の一部変更について

200円未満はポイント付与なし

2023年以降、

  • PayPay残高
  • PayPayクレジット
  • PayPayカード

上記の支払いによるPayPayポイント付与条件が、200円ごとのポイント付与に変更されました。

200円未満のPayPay(またはPayPayカード)の支払いでは、PayPayポイントの付与がないことを認識しておく必要があります。

まとめ

2023年以降、PayPayポイントを多く獲得するには、「PayPayクレジット」と「PayPayカード」が重要となります。

「PayPayステップ」を達成すると翌月の「PayPayカード」は1.5%還元(200円につき3ポイント)にアップします。

PayPayステップ達成条件は10万円以上利用と、以前より少し難関になりますが、カウント対象に「PayPayカード」が加わったことで、PayPayステップ達成(翌月+0.5%)の可能性は大きくなります。

ぜひこの機会に「PayPayカード」をご検討ください。

PayPayポイントが貯まるクレジットカード

あわせて読みたい
んぺ
んぺ

X(旧Twitter)「んぺ@PayPay経済圏ブログ」にて、「PayPay経済圏」のお得情報をつぶやいています。ぜひ、X(旧Twitter)にも遊びに来ていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
PayPay
スポンサーリンク
やりくり上手の参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました