【楽天から乗り換え】PayPay乗り換えはこちらから >>

PayPayカード最大1.5%還元!PayPayステップ達成に必要なクレカへ

PayPay
  • PayPayはよく使うけど「PayPayカード」は必要なの?
  • 「PayPayあと払い」と「PayPayカード」ってどう違うの?

2022年12月からPayPayステップ「達成条件」「特典変更」のお知らせが届きました。

PayPayからのお知らせより引用

今後、PayPayを少しでも多く還元するためには、「PayPayあと払い」と「PayPayカード」が重要な役割となります。

今回は、2023年以降「PayPay経済圏」で重要となる

PayPayカードの

  • 特徴
  • メリット・デメリット
  • 今後の「PayPayカード」の使い道

について解説します。

この記事でわかること
  • PayPayステップ達成には「PayPayカード」&「あと払い」が必須
  • 「PayPay払い」&「PayPayカード」の支払い優先順位
スポンサーリンク

PayPayカードの特徴

2021年秋、Tポイントが貯まる「Yahoo!カード」はPayPayポイントが貯まる「PayPayカード」へと変わりました。


PayPayカード
年会費無料
ポイントPayPayポイント
国際
ブランド
VISA
JCB
Mastercard
還元率100円につき1ポイント
(利用額の1%)

今まで1%のPayPayポイントしか貯まりませんでしたが、2022年12月以降は、

「PayPayカード」の役割

  • PayPayステップのカウント対象(あと払い登録者限定)
  • PayPayステップ達成で翌月最大1.5%還元

という重要なクレジットカードとなります。

新規入会&3回利用で7,000円相当のPayPayポイント

んぺ
んぺ

「PayPay経済圏」を始めるなら、今後は、「PayPayカード」&「あと払い登録」が必須となります。

PayPay経済圏の始め方!「経済圏でできること」&「準備するもの」を徹底解説!

スポンサーリンク

PayPayカードのメリット

①PayPayステップ達成で最大1.5%還元

2022年12月からの「PayPayステップ変更」により、PayPayステップ達成で、翌月のPayPayカード還元率は最大1.5%還元へアップします。

▼2023年1月以降の特典変更

PayPay
ステップ
前月
未達成
前月
達成

PayPay
カード
1%1.5%

PayPayステップは、30回&10万円以上利用が必要となり、以前より少し難関になります。

ですが、年会費無料で1.5%還元になるクレジットカードは少なく、「PayPayカード」は貴重なカードです。

【2022年12月】再び改悪?PayPayステップ達成にはPayPayカードが必要に

んぺ
んぺ

年会費無料のクレジットカードを何枚か持っていますが、1.5%還元になるクレカはPayPayカード以外手元にありません。

②PayPayステップのカウント対象

PayPayステップの支払いカウント(30回&10万円以上)が、「PayPay残高」「PayPayあと払い」に加え、「PayPayカード」も対象となります。

PayPay
ステップ
2022年
11月まで
2022年
12月以降
支払い
回数
30回30回
支払い
金額
5万円10万円
支払い対象PayPay残高
あと払い
PayPay残高
あと払い
PayPayカード
(あと払い登録者)

「PayPay残高」「PayPayあと払い」のみで10万円以上利用するのは、ほぼ無理に思えますが、「PayPayカード」を併用することで、PayPayステップ達成の可能性が大きくなります。

「PayPayカード」をPayPayステップのカウント対象にするには、「PayPayあと払い」登録が必要です。

「PayPayあと払い」とは
チャージ不要で利用できるPayPay払いです。 利用料金は、翌月27日に口座から引き落とされます。手数料無料の1回払いを利用することで、クレジットカードの1回払いと同じように利用できます。

PayPayカードを持っていると、PayPayあと払いの登録もすぐにできます。

またPayPayカードを持っていない方は、「PayPayカード」作成と一緒に、「PayPayあと払い」の登録もすませておくとよいでしょう。

新規入会&3回利用で7,000円相当のPayPayポイント

んぺ
んぺ

「PayPayカード」は年会費無料のクレジットカードです。

③PayPayポイントが貯まるクレカ

「PayPayカード」が誕生した秋以降、クレジットカード利用でも「PayPayポイント」が貯まるようになりました。

PayPayカードは、

  • PayPay払いが使えない店舗
  • 電気・ガスなどの月額料金
  • 年会費の支払い

などで利用するとよいでしょう。

貯まった「PayPayポイント」は、

「PayPayポイント」の使い道

  • PayPay残高として
  • Amazonで利用
  • PayPayポイント運用

など、使い道はさまざまです。

AmazonでPayPayポイントが使える!4つの注意点とおすすめ利用方法を解説

んぺ
んぺ

2023年以降は、PayPay残高払い(PayPayポイント)による還元率は0.5~1%還元となりますので、ご注意を!

スポンサーリンク

PayPayカードのデメリット

まとめて支払いのポイント付与対象外に

まとめて支払いは、

  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • SoftBank(ソフトバンク)
  • LINEMO(ラインモ)

限定で利用することができます。

まとめて支払いは、PayPayチャージの中で唯一ポイント還元のある方法です。

PayPayのお得なチャージ方法「まとめて支払い」は唯一ポイント還元あり!

2022年12月より「まとめて支払い」は、「PayPayカード」のポイント付与対象外となります。

今後は、「まとめて支払い」は「PayPayカード」以外のクレジットカードに設定する必要があります。

→ソフトバンク通信料等のPayPayカード特典付与対象の一部変更について

んぺ
んぺ

まとめて支払い以外の携帯電話の通信料も、12月以降は「PayPayカード」のポイント付与対象外になります。

スポンサーリンク

今後の対策(PayPayカードの使い道)

今後は、PayPayステップ達成に向けて、「PayPay払い」「PayPayカード」を上手く併用していく必要があります。

まとめて支払いは、デメリットで解説したように、「PayPayカード」ポイント付与対象外となりましたが、別のクレジットカードに設定をすることで、PayPayあと払いよりも多くのポイントを獲得できます。

▼まとめて支払いでチャージした場合

PayPay
ステップ
前月
未達成
前月
達成

まとめて支払い
+α
登録クレカ
還元率による
+α
登録クレカ
還元率による

PayPay
マネーライト
0.5%1%

たとえば、設定したクレカが1%還元の場合、支払い時の還元+チャージ分還元を合わせて

  • PayPayステップ未達成1.5%還元
  • PayPayステップ達成2%還元

となります。

まとめて支払いチャージ上限額は、過去のPayPay払い利用状況で、運営側から個人個人に上限額を設定されています。

ですので、PayPayステップに向けて

支払いの優先順位

  1. まとめて支払い+残高払い(0.5~1%+α)
  2. PayPayあと払い(1~1.5%)
  3. PayPayカード(1~1.5%)

のように利用するとよいでしょう。

んぺ
んぺ

「あと払い」と「PayPayカード」どちらも利用できる場合は、「PayPayあと払い」を優先しましょう。PayPay払い(あと払い)金額が多い方が、まとめて支払いの上限額が翌月以降高くなる傾向です。

スポンサーリンク

まとめ

2023年以降、PayPayを少しでも多く還元するためには、「PayPayあと払い」と「PayPayカード」が重要となります。

「PayPayステップ」を達成すると翌月の「PayPayカード」は1.5%還元にアップします。

PayPayステップ達成条件は10万円以上利用と、以前より少し難関になりますが、カウント対象に「PayPayカード」が加わることで、PayPayステップ達成の可能性は大きくなります。

ぜひこの機会に「PayPayカード」を作成することをおすすめします。

新規入会&3回利用で7,000円相当のPayPayポイント

んぺ
んぺ

Twitter「んぺ@PayPay経済圏ブログ」にて、「PayPay経済圏」のお得情報をつぶやいています。ぜひ、Twitterにも遊びに来ていただけたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
PayPay
スポンサーリンク
やりくり上手の参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました